運転支援/自動運転技術分野への転職は「運転支援/自動運転技術転職ナビ」にお任せ下さい

無料転職サポートに申し込む キャリアコンサルタントに求人を紹介してもらう 求人を自分で見極める 新着求人メールマガジン

運転支援/自動運転技術転職ナビの3つの特長

  • 専門求人を多数保有
    運転支援/自動運転技術分野に特化し、専門の求人案件、大手企業・優良企業の求人案件も多数ご紹介。

  • 専門キャリアコンサルタントの強力サポート
    専門のキャリアコンサルタントが運転支援/自動運転技術分野特有の事情もふまえ、プロフェッショナルに相応しい転職をご支援。

  • 満足度97.1%の実績
    キャリアコンサルタントによるカウンセリングの利用者満足度97.1%
    ※2017年自社調べ

運転支援/自動運転技術転職ナビの特長

採用・求人掲載とご検討の方はこちら
  • HOME
  • VR/AR領域における企業特許ランキング

Top
10

VR/AR領域における企業特許ランキング

VR/AR領域で特許出願数の多い会社は?
2008年から2017年までの特許出願数をランキング形式でご紹介。

2018年06月12日

vr/ar

VR/AR領域について

仮想現実(AR・VR・SR・MR)は、ユーザーの意識もしくはその感覚(五感)の一部を仮想の空間に没入させることによって、疑似体験を提供する技術である。ユーザーの感覚と仮想空間との関連性を増やし、またそれらの密度、精度を高めることで、疑似体験のリアリティーを高めることができる。

VR(Virtual Reality:仮想現実)は、現実に存在しない世界や見ることが困難なミクロ・マクロ・危険・遠隔などの異世界を疑似体験。

AR(Augmented Reality:拡張現実)は、実空間実時間の映像に、コンピュータで作られた画像を重ねることで、現実世界の拡張を体験。

MR(Mixed Reality:複合現実)は、仮想空間を現実空間に重ね合わせ、現実世界の中の関心領域を増幅・強調させる。

SR(Substitutional Reality:代替現実)は、現実の世界と過去の映像を混同させて、本来実在しない人物や事象が実時間・実空間に存在しているかのように錯覚させる。

上記を複合的に用いる手法、例えば、視覚的 MR と聴覚的 MR を同時に達成する視聴覚併用 MR空間や、現実世界に実在する物体を視覚的に隠蔽・消去する「DR(Diminished Reality:隠消現実感)」などもある。

とりわけ、遠隔手術や遠隔作業などで必要な高い能動的身体性・自己投影性を確保するためには、自己定位の成立が重要である。

さらに新しい映像技術として、眼の網膜に直接映像を投影する技術がある。QD レーザ社の網膜走査型レーザアイウェア「Retissa」は、メガネ型フレームの内側の超小型半導体レーザプロジェクタから、装着者の瞳孔を通して網膜にデジタル画像を直接投影する非インプラント型のウェアラブル機器。視力の低下した人のために、搭載されたデジタルカメラで撮影した映像をリアルタイムで投影することができる。投影する映像によって、様々な AR・MR 体験に利用できる。

VR/AR領域の特許出願企業ランキング

順位 出願人 出願件数
1 ソニー 355
2 コロプラ 195
3 パナソニック 180
4 キヤノン 166
5 シャープ 160
6 クアルコム 135
7 東芝グループ 116
8 任天堂 111
9 日立グループ 90
10 マイクロソフト 73

ランキング詳細

1位はソニー。「仮想現実用ヘッドマウントディスプレイにおける走査ディスプレイシステム」など355件を出願している。

2位のコロプラは「仮想空間を移動するためにコンピュータで実行される方法、当該方法をコンピュータに実行させるプログラムおよび情報処理装置」など195件、3位のパナソニックは「リアルタイム計測投影装置及び三次元投影計測装置」など180件を出願している。

4位のキヤノンは「アバターカスタマイズの装置及び方法」166件、5位のシャープは「アバターカスタマイズの装置及び方法」など160件を出願している。

転職サポートに登録いただくと、無料でアドバイスをうけられます。


  • 在職中でも、自分のペースにあわせた効率的な転職活動
  • 運転支援/自動運転技術専門のキャリアコンサルタントによるサポート体制
  • 多くの非公開求人の中からぴったりの求人をご紹介

無料転職サポートの特長

無料転職サポートと自己応募の違い

「無料転職サポート」と「自己応募」との違い ~負担が大幅に軽減!
  • 一方的に電話がかかってきたり、本意でない転職を無理強いされたりしないか不安です
  • お客様のご希望を無視したしつこいご連絡や無理強いは一切いたしません。お客様にとってご納得いただけるプロセスで転職活動を進めていただくことが第一と考えております。